ミタゾノさんのカレーってホントに一晩寝かせた味なのか作ってみた

 

普段、ドラマは見ないのですが、ふと夜中テレビを付けたら『家政婦のミタゾノ』がオンエア中で見てしまった。

このドラマ、家事のプチ情報とかお料理テクとか、毎回、主婦に嬉しい情報がいっぱいのドラマ。

 

私が見た回で、ミタゾノさんが依頼先で作った『コクうま時短カレー』が、めっちゃ気になってしまったので、作ってみることに!

野菜が嫌いな小さい子でも、このカレーにしてしまえば食べるかも!っていう役立ちメニューなのだ。

しかも時短。

 

ミタゾノカレーのレシピはこちら

 

ありがたいことに、公式のサイトにレシピが載っている♪

まるでひと晩寝かせたみたい!? コクうま時短カレーの作り方

材料(3~4人分)

  • 豚バラ肉(薄切り)…400グラム※牛肉でも可
  • ニンジン…1本
  • 玉ねぎ…3~4個(サイズにもよるが、通常量+1玉のイメージ)
  • 水…1200cc(購入したルウの箱に記載されている水の量からリンゴジュース100cc分を引いた分量。このレシピでは1200cc目安)
  • リンゴジュース…100cc
  • 市販のカレーのルウ…185グラム(大きいサイズの1パック)
  • ピーナッツバター…大さじ1

作り方
(1)野菜と肉を大きめのざく切りにし、水300ccと一緒にミキサーにかける(一度に入りきらなければ、数回に分けて)。ミキサーがない場合は、おろし金ですりおろすだけでもOK。その際、ニンジンが硬くておろしづらいときは、2~3分レンジで加熱して、柔らかくしてからおろす。
(2)残りの水900ccと100ccのリンゴジュースで、すりおろした具材を15分~20分ほど煮込む(900ccは、ルーの箱に記載されている水の分量から、リンゴジュースの分100ccと、ミキサーを回しやすくするために使った300ccを引いた分量の水を差す)。
(3)カレーのルウにピーナッツバター大さじ1ほどを隠し味に入れ、5分ほど煮る。
(4)ご飯とルーを盛り、最後に、コーヒーミルクをかけて完成!

 

※時短&コクうまポイント
★具材をすりおろしてから煮込むことで、火の入りが早く済みます! さらにすりおろした具材から旨味が溶け出すことで、まるで一晩寝かせたような濃厚なコクが生まれます。
★リンゴジュースを使いフルーツの甘みを加えることで、全体に馴染んで一体感が生まれ、2日目のカレーにより近づくのです!
★ミルクを最後に加えることでまろやかになり、野菜が苦手なお子様にもオススメです!

引用元:家政婦のミタゾノ家事テクおさらい(http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/osarai/0005/)

 

ミタゾノカレーの材料を安く済ませる私

 

さっそく材料を用意。

といっても、いつもと違う材料は『りんごジュース』と『ピーナッツバター』と『コーヒーミルク』だけ。

さくっと安いヤツ買ってきた。

しかもピーナッツバターって本物は高いからトッ〇バリューのピーナッツクリームで代用w

なんとなく風味があればそれでいいのよ、私はw

 

さあ、作ってみよう!

 

作り方はいたって簡単。

はじめに材料をすべてミキサーで粉々にしてから煮込む!というもの。

 

ミキサーに野菜と水を投入。

うちのミキサーには全部は入らないので、4回に分けて粉砕することとなりました。

 

1回目:玉ねぎチーム

水300mlと玉ねぎ。

難なく、ガガガーっと細かくできました。

 

2回目:あまりの玉ねぎとじゃがいもチーム

公式な作り方ではジャガイモは入ってなかったんですが、子供たちが、「ジャガイモの入っていないカレーはカレーじゃない!」とおっしゃるので入れてみました。

ジャガイモがかなり固かったようで、何度かミキサーが止まりました(-_-;)

その度にフタを開けて中身をホジホジしながら頑張った。

ジャガイモは細かめに切ってからミキサーに入れましょう。

 

3回目:残りのジャガイモと人参チーム

 

2回目で入りきらなかったジャガイモと人参。

人参は多少細かめに切ったら、問題なくミキサーは回りました。

 

4回目:肉とほうれんそうチーム

このチームがめちゃくちゃ大変だった!

肉って、ミキサーでは細かくしちゃダメ!!ってことに気付いた!!

刃に肉が絡み付いて、ミキサーが一切回らなくなり、焦る!

コマ切れ肉を使ったんだけど、それでも大きかったみたい。

 

絡まった肉を取ろうとしてフタを開けてほじるものの、ミキサーの刃の下の軸部分に肉が巻き付いて絡まってるもんだから、なかなか取れない。

 

泣きたくなってきた。

 

なんとか絡まったのを取ったころには30分くらい経過していた…。

 

これじゃあ時短カレーじゃないよな…。

 

しかも、絡まってるのに無理にミキサーを回したもんだから、ミキサーから焦げたような異臭が…!!

 

夫から「もうあきらめなよ!くさいし!」

と怒られて、まだ形の残る肉で諦めることに…。

 

今度作る時は、肉はミキサーじゃなくてフードプロセッサーで細かくするか、最初からひき肉買ってくるわ!!

と決心。

皆様もお気をつけください。

 

ホウレンソウもレシピには載ってませんでしたが追加!

青物野菜をここぞとばかりに子供に食べさせたい私。

ホウレンソウは、レンジで3分くらいチンして、水でさらしてアクを抜きました。

 

ミキサーとの戦いが終わったら煮込んでいきます

 

鍋に全部入れたら、茶色いドロドロした感じ。

正直、あまり美味しそうではない。

リンゴジュースも加えた。

細かいから、すぐに火が通る。

 

この煮込みの時間を短縮できるから時短なんだな。

それでも20分くらい煮ましたよ。

 

火が通ったら、ピーナッツバターを入れます!

うちは偽物のピーナッツクリーム入れました。

 

なんか甘ーい香り。

 

ピーナッツもだし、リンゴジュースの風味もする。

甘そうだな。

ピーナッツクリームを入れて5分くらい煮たら、火を止めてカレールーを入れて溶かします。

 

この時点で味見をしてみたけれど、やっぱり甘かった!!

 

カレールーの味よりも、野菜の甘さとリンゴジュースの甘さが勝っている感じ。

 

ミタゾノカレー完成したよ!仕上げにミルクを!

 

お皿に盛って、仕上げのコーヒーミルクをかけます!

おお!!このミルクがあるだけでプロっぽい仕上がりになったよ!

うわー!野菜が細かいから、しばらく煮込んだような見た目!

ミルクでそれっぽい仕上がり!!

 

見た目の出来はかなりいいんじゃないでしょうか??

 

味は、甘すぎないか心配…。

 

ミタゾノカレーを食べてみておくれ!!

 

夫と子供たちに食べさせる。

 

「人参入ってないの?」←人参嫌いな長男

「入ってるけど、見えないでしょ~(エッヘン)」

 

まあ、いいから皆さん食べてみてよ。

 

夫「あー!!これうまいぞ!!レストランで食べてるみたいな味だよ!

家で作ったとは思えないまろやかな風味!」

 

カレーにうるさい夫が褒めている!!

辛いカレーじゃなきゃ、普段食べたがらないのに!!

甘いけどいいのか?

「甘いとかどうのこうのよりも、コクとまろやかさが凄い!」

 

マジでか?

 

私も食べてみた。

んー!!こんなカレー作ったことないぞ!!

いつもと同じバー〇ンドカレーなのに!

 

びっくりするくらい、野菜のまろやかさが前面に押し出されてて、ホントに長時間煮込んだようなコクなんですよ。

お肉がミキサーに絡まった時は、もうあきらめようかとも思った。

ケド、最後まで作ってみて良かった~!!

ほぼいつもと同じ材料で、ミキサーで細かくして、リンゴジュースとピーナッツバターを足しただけでこんなに味が変わるなんて驚きでした。

 

ミタゾノさんのカレーまとめ

 

ミタゾノさんの時短カレーをつくるなら…

  • ミキサーに入れる材料はある程度細かく切るべし
  • 肉はなるべくミキサーには入れない方がいい!フードプロセッサー推奨。
  • 野菜の甘みが強く出るから、いつもより辛めのカレールーの方が辛みがでるよ
  • 子供の嫌いな野菜を入れてもバレないぞ!

 

一度作ってみると新たな発見があるかもしれないコクうまカレーでした!

(ミキサーと肉のトラブルで時短にはならなかった…)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です